ハイブリッド車あるいはガソリン車?


 

ハイブリッド車かガソリン車か?

ハイブリッド車かガソリン車か?! 迷いますよね。

 

 

年間走行距離が10,000km以上である場合はハイブリッド車
それ以下である場合はガソリン車とも言われたりもします。

 

少し考えてみましょう。

 

例として下記の条件の場合
 ・ガソリン車燃費:   12km
 ・ハイブリッド車燃費: 20km
 ・ガソリン代:     160円/L

 

 

【月に500km程度乗った場合】
 ・ガソリン車:約6,700円/月  約80,000円/年
 ・ハイブリッド車:約4,000/月 約48,000円/年

 

【月に1,000km程度乗った場合】
 ・ガソリン車:約13,400円/月 約168,000円/年
 ・ハイブリッド車:約8,000/月  約96,000円/年

 

この差とプラスメンテナンスの消耗品を合わせてどう考えるか?

 

ハイブリッド車は、燃費は良いのですが、数年で乗り換える場合は、査定も
ガソリン車より有利だとは思います。しかし、維持費の消耗品のコストがか
かってきます。

 

バッテリーやインバータ交換で十数万〜40万くらいの費用として、
約7〜10年目くらいで発生することを頭にいれておいた方がよいですね。

 

 

それでも、毎月のガソリン代を安く抑えたい!という
ことでしたらハイブリッドを買う選択もありますね。

 

あなたはハイブリッド車?あるいはガソリン車?
まずは、今のあなたの車の査定から!

 

 

また、最近ではこんな意見もありました。

 

 

ハイブリッド車にもネガティブな側面はある。最大の問題は、車両価格が高
価になることだ。

 

先頃発売された国産大衆車のカローラでも、同等のガソリン車比でおよそ
30万円の価格差が生まれる。
この差額をガソリン代で相殺するのは困難だ。
そして、最も多品種ハイブリッドカーを販売するトヨタでは、ハイブリッド
のエネルギー貯蔵庫「ニッケル水素バッテリー」の保証を「5年未満、5万
キロ」として、以後の交換は有償(最も安いアクア用でも12.915万円で交
換工賃別)なのだ。

 

だから、トヨタ製ハイブリッド車の多くは3回目の車検(7年目)を受け
ず廃棄されている検費用にニッケル水素バッテリーの代金+交換工賃の
支払いが重たいからだと想像できる。

 

これは、ある意味で「エネルギーの無駄遣い」だ。現在のクルマなら、
ふつうに使えば、自動車税が増額される登録後13 年以降も平気で
使えるのに……だ。

 

そこで、「実はハイブリッド車はECOじゃないかも?」気が付き始めた
人たちが注目したのが、マツダのクリーンディーゼル車だ。  

 

 

2012年、クロスオーバーSUVであるマツダ CX-5の販売台数は
3万5438台で、2012年SUV国内販売台数第1位(全乗用車で24位)。
わずか2.2リッターの排気量にもかかわらず42.8kg.mという5リッ
ターガソリンエンジンに匹敵する最大トルクを2000rpmという低回
転域で発生するドライバビリティの高さにある。

 

しかも、フルサイズSUVながらJC08モード燃費18.0-18.6km/リッ
ターと好燃費。また、CX-5は軽油で動く。

 

高価なハイブリッドシステムのデメリットに気がついた人は確かに
存在するのである。
                      (Excite ニュースより引用)

 

 

 

日々車をどのくらい乗るのか、またどのくらいの期間を乗ってい
きたいのかということをしっかりと決めておきたいものです。

 

高い買い物であり、愛着も湧きます。流行りだから!
ということだけで決めることのないようにしたいですね。

 

車の査定は大切な一歩!

 

 

 

 

 

トップページへ戻る