ディーラー営業マンとの交渉術


 

車のディーラー営業マンとの交渉

ディーラーでは、自分とウマが合う営業マンとそうではない営業マンとが
ありますよね。
いきなり、最初に会った時に値引きをしたり、上司を呼べなどの横柄な
態度をすることは避けたいもの。  

 

営業マンもお客さんとは言え、「感じがよさそうだな。買ってくれそうだから、安く購入できるように何とか頑張ってあげたいな」と言う方にはどんどんサービスをしたくなるものです。

 

ぜひ、営業マンとのコミュニケーションを大切にして味方につけながら気持ちよく車を購入したいものですね。

 

>>あなたの愛車は今いくら?

 

 

1

 

・「これ以上、値引きは難しいです・・・」と言われてしまったら、話がそこで終わっ
てしまいます。「〇〇をサービスで付けて
もらえなませんか?」などと交渉してみる
のもひとつの手です。

 

金額に関しては、提示額と自分の希望額との中間を提示してみる、あるいは、プラスアルファのサービスをお願いすることができるのかなどしてみてください。

 

 

 

・また、競合させる車でも、

 

 本命の車AのグレードA       競合車BのグレードB

競合車が本命車よりワンランク上の高い場合は、競合車を1つ下の

グレードにして、本命車と変わらない価格であることをアピールして
みる。

 

 

 本命の車AのグレードA       競合車BのグレードA

競合車が本命車よりワンランク下の低い場合は、競合車の価格が

ちょうど良いものの、本命車に乗りたいので、価格を近づけてもらえ
ないかアピールしてみる。  

 

 

 

競合させる車の方が値引きが大きい車の場合にはその競合車の
グレードをあげるなど高めに設定して 競合をさせていくことで、
「こんなに豪華な装備でも額はほぼ一緒の競合車。本命車も値引
きあるいはサービスをお願いしたい」とアピールしてみるのも良い
かとと思います。

 

 

 

・家族に応援コメントを求め、営業マンに交渉するというのもありますね。
やっぱり、〇〇社のあの車の方がお得なサービスが沢山ついているし
いいんじゃない?」
できるだけサービスしてもらわないとガソリン代が大変!」などと家族
に言ってもらったり、あるいは、「どうしてもこの車を、あなた(営業マン)
から買いたいんだけどなぁ」など
上手にコミュニケーションを計っていきましょう。^:^

 

 

 

 

トップページへ戻る